加工ガラス オプトンジャパン_ホーム 会社概要 加工ガラス プロダクツ ファクトリー 環境への取り組み お問合せ

       

オプトンジャパン製品紹介


スクリーン印刷ガラス

スクリーン印刷ガラス

・セラミックインク印刷
インクはガラス粉末と特殊顔料(無機材料)を混ぜ合わせて作っています。ガラス面に印刷してから(630-670度)の高温で焼成します。インクはガラスと一体になることで耐摩耗性と耐久性が向上します。

・エポキシインク印刷
エポキシ樹脂(有機材料)で作られているインクで、スクリーン印刷後に低温(120-150度)で焼成します。色鮮やかで綺麗な印刷ができます。

・UVインク印刷
スクリーン印刷後に紫外線照射により短時間で接着可能です。接着力に優れ短時間で処理できるので量産に適しています。


Copyright 2005 Opton Japan Rights Reserved.